酸素カプセルの仕組みとは

私たちは呼吸なしでは生きていくことができませんので、絶えず呼吸を行っています。
それと酸素カプセルで酸素を取り入れることには、どのような違いがあるのでしょうか。

 

それは酸素カプセルの仕組みに秘密がありますので、それについてみてみましょう。

 

酸素カプセルには高濃度の酸素と適度な気圧の高さによって、
血中の酸素濃度を増やし健康や美容に嬉しい効果をもたらしてくれるのです。

 

酸素と一口に言いますが、それには主に二つのタイプがあります。

 

一つは結合型と呼ばれるタイプの酸素であり、通常私たちが呼吸で取りいれている酸素はこちらのタイプになります。

 

結合型の酸素は血中に存在するヘモグロビンと結びついて体内に取り込まれます。
そのためいくら酸素の供給量が増えたとしても、体内のヘモグロビンの量には限りがありますので、
ヘモグロビンの量を超えて酸素の量を血中に増やすことはできないのです。

 

そしてもう一つの酸素タイプが溶解型です。
この溶解型の酸素は文字通り血中に溶け込む性質を持っている酸素であり、
酸素カプセルにて供給される酸素はこちらのタイプに該当します。

 

溶解酸素はヘモグロビンと結合しなくても血中に溶け込むことができること、
さらには髪の毛よりも細い毛細血管にまで溶け込むことができるという特性を持っています。
そのため体の隅々まで血液を行きわたらせるよう働いてくれます。

 

しかしながらこの溶解酸素を体に取り込むためには条件があります。
一つは酸素の濃度が濃いこと、そして気圧が高いことです。
この両方が揃って初めて体内に取り込まれるようになり、それを可能にしたのが酸素カプセルです。