なぜ酸素カプセルが求められているのか

私たちは日ごろ呼吸をして酸素を体内に取り入れています。

 

にもかかわらず、カプセルに入って酸素を取り込む酸素カプセルが、
美容や健康面で多大な効果をもたらしてくれると注目を浴びています。
 

 

なぜ普段の呼吸から酸素を取り込んでいるのに、それでは不足してしまうのでしょうか。

 

それは現代人を取り巻く環境が酸素不足に陥りやすいからです。

 

日常的に喫煙の習慣がある方もいらっしゃるでしょう。
タバコを吸うと、一酸化炭素が体の中に取り込まれるのですが、
それは酸素の200倍以上もの強い力で血液中のヘモグロビンと結びついてしまいます。

 

それが体内の酸素不足を招く原因にもなってしまうのです。

 

それ以外にも運動不足や不規則な食生活など酸素が不足してしまう原因はたくさんあるのです。

 

今私たちの体に起こっている体の不調や、肌の荒れや吹き出物といった症状も
全て酸素不足が原因となり起こっている可能性があります。

 

酸素の供給量が減少してしまうと、免疫力が低下してしまいます。
例えば病気の原因となるウィルスや菌が体に入ってきてもその影響を受けやすく、
病気にかかりやすくなってしまいます。

 

免疫力が低下すると、病気からの回復に時間がかかるようになりますし、
ケガしてしまったときも治るまでに時間を要するようになります。

 

他にも体力やスタミナの低下といったさまざまな弊害を引き起こすようになってしまうのです。
酸素の供給量を増やすことで、健康維持や美容のために役立てることができるようになります。
それを可能にしたのが酸素カプセルなのです。

酸素カプセルの歴史

酸素カプセルとは、スポーツ選手が疲労回復やケガからの回復のために使っていたことで有名になった機器です。
実際にオリンピック選手やプロのスポーツ選手、海外のセレブ達の美容と健康維持のために広く用いられています。

 

また医療機関でも高気圧酸素治療として、酸素カプセルを治療に取りいれているとこともあるほどです。
日本でも家庭に酸素カプセルを購入して使用されている方もいらっしゃいますし、
酸素カプセルが利用できるサロンに通っている方もいらっしゃいます。
 

 

酸素カプセルとは、大人の人間が一人入れるくらいのサイズのボックスに入り、
その中で高濃度の酸素を取りいれる機器なのですが、
なぜこのような機器が誕生することになったのでしょうか。

 

それは酸素が持っている健康効果に注目が集まるようになったからです。
酸素の効能をいち早く取り入れるために酸素カプセルを用いるようになったのは欧米諸国であり、
それが後に日本にも伝わってくるようになりました。

 

特に日本でいち早く酸素カプセルを取りいれたのは、相撲界やプロ野球界といったプロスポーツの分野です。
日本で酸素カプセルが有名になる前から、酸素カプセルをケガをした選手の回復や、体力維持のために使用していたのです。

 

その後、日本でも大人気となった海外のサッカー選手が、ケガからの回復のために酸素カプセルを使用したことで、
高い注目を集めるようになりました。

 

酸素カプセルにはケガの回復を早める以外にも、美容面でもいろいろな効果が得られることから、
美容に関心の高い女性にも利用者が増えていったのです。